自転車に関する改正された法律のこと

1880年代に子供の玩具として、ベロシフェールという車輪つきの木馬が流行していたのです。
この木製のベロシフェールに、ハンドルを取り付けたものが自転車の原点という説があります。
自転車は以降も、素材や形状を少しづつ変化させて操作しやすい乗り物になってきたのです。
現代のような形に近づいてきたのは、1879年にイギリスで前後ギアをチェーンで結ぶ駆動方式が発表されてからになります。
自動車やオートバイと違い、エネルギーが人力のみというところが環境に優しいとして近年では愛好者が増えてきているのです。
法律上では特に免許を取得する必要もなく講習を受ける義務もないので、子供から大人まで気楽に乗れます。
ただ昨今の複雑化する交通事情や携帯電話やスマートフォンに夢中になるあまりに、操作することに不注意になる運転者が多くなっているのです。
このことは多数の事故を、起こす結果となっています。
2015年より、この事態を重くみたことから改正道路交通法が施行されるようになったのです。
自転車に乗る人は、今一度改正された法律を確認する必要があります。

http://service.imura.co.jp/function/envelope01
実際に多くの企業が依頼し、店舗などの現場で活用されているケースが多くあります。

アンテナ工事
を関東中心に行っています

日本の法制度の問題点と解決策

 日本は、法治国家です。
守るべき規則が法律で制定され、各立場ごとに法を守って生活しています。
法があることによって、行動の基準が決まりますので、法の存在は、意識しないにしても、私たちの生活にとって大変重要なのです。
 法律は、その目的ごとに整備され、必要に応じて改正されていますが、重要な問題点があります。
それは、法で決まっていても、厳格にそれが守られないということです。
 例えば、教育基本法においては、教育によって実現すべき目標が掲げられていますが、それを実現するための実際の教育が追いついていません。
法の条文と実際の教育との乖離が激しすぎて、法が現実のものとしてうまく機能していないのです。
 理想の状態を実現することには、何でもそうですが、現実的な行動計画が必要です。
その行動計画を作り実行していくことが、大変なことなのですが、日本の法体系においては、それがあまり配慮されていません。
 良くいえば現場を信用しているということですが、それでは現場の負担が大きすぎて、法の精神が現実化されないでしょう。
それを現実化させるためには、法律と現実とのギャップを埋めることです。
現実を法に近づけてもいいですし、逆でもかまいません。
もしくは両方を同時に行なってもいいでしょう。
つまり、法改正や法の精神の啓蒙を行い、ギャップを埋めるのです。
それによって、法が現実的なものとなり、上手く機能することになるのです。

最新投稿