ピスト式の自転車に対する規制

自転車というのは、自動車とは異なりまして、乗車するために特別な免許を必要としません。
これは、対象となる人が大人ばかりではなくて、小さな子供も含まれるためです。
例えば、小さな子供に対して、細かな法律の概念を教えても、理解することは困難になります。
そのため乗車する際には、マナーを教える程度が、一般的なことでした。
ただし、法律的な解釈において自転車は、車両のなかに含まれます。
車両というのは、その範囲が大きくて、自動車も車両に含まれるのです。
こうした車両には、それほど知られていませんでしたが、法律による規制があります。
なかでも最近は、ブレーキのない競技用のピスト式のものに対する人気が、高くなってきました。
競技を行う場合には、ブレーキがないということが、有用に働きます。
しかし、行動を走行する際には、危険な行為になるのです。
そのため最近は、ブレーキのない自転車に対する規制が、強化されるようになっています。

日本の法律についてのあれこれ

日本には数多くの法律がありますが、それら全てのものの上位に位置しているのが日本国憲法です。
どのような法であっても憲法に規定されていることに反するようなことを規定することはできません。
その意味においては憲法は法の基本的な精神を支えるものということもできます。
例えば憲法においては言論や集会の自由が保障されていますが、これは当然に法においても尊重をされなければいけないことです。
憲法で言論の自由が一定の範囲で保障されているのに、法律のレベルにおいて全ての言論の自由を認めないとすることは絶対にできないことです。
なぜならば法の上に憲法が存在しているからです。
ですから私たちの言論の自由はこの憲法によって守られていることになります。
法を制定する国会議員もこうした憲法の理念を尊重して法を作っています。
そしてそれこそが国会議員に求められていることでもあります。
私たちはこれからも法律と憲法を大切にしていく必要があります。